トップ / 給湯器使用時は換気する

ガス給湯器から臭いがする場合

ガス給湯器は、その名が示すようにガスを熱源のための燃料として使っています。本来、この燃料のガスは無臭なのですが、万が一ガス漏れが起きたときにすぐに気が付くように、わざと臭いが付けられています。従って、もしもガス給湯器を使っていて、玉ねぎのような独特の臭いがするようならば、ガス漏れが起きている可能性がありますので、直ちに使用を止めて、ガス会社もしくは消防署に連絡をするようにします。もちろん、多少のガス漏れが起こったからといっても、直ぐに家が吹き飛ぶような大爆発を起こすわけではありません。ガス漏れで注意すべきは、むしろ一酸化炭素中毒ですので、給湯器を屋内で使用している場合には直ぐに換気をすることが大切です。

臭いの原因を調べてみる

家庭で、給湯器を使っている最中に、臭いと感じるようなことが発生しましたら、ガスによる不完全燃焼の疑いがあります。使用している時に、部屋の空気が循環していなかったり、窓を閉め切ったままで、ガスの使用をしているなどが挙げられます。給湯器を使用している際に、ガスの炎の色を確かめてみる必要があります。酸素が沢山ある通常の青色ではなくて、赤い炎となって燃えている場合など、酸素が足りなくて、ガスの不完全燃焼として、臭いと感じるような状況になります。そのまま使用をしていると危険なので、窓を開けて、新しい空気をいれてみます。